出雲そば そば処・喜多縁
    ホーム お品書き 店舗情報 カレンダー お問い合わせ

Q&A

よくある質問

 出雲そばの歴史

出雲そばは、寛永15年(1638年)に信濃国・松本藩より松平直正公が転封され出雲藩初代藩主になり、このときにそば切り(現在のような麺)の技術が出雲地方に入ったとされています。そば切り以前の食べ方は、そば粥、そばがき、おやきなどではなかったといわれています。
江戸時代、出雲そばは、出雲大社、松江城下を中心に発展し、出雲地方にそば屋がたくさんあったといわれています。